ミョウガ(香辛野菜)

科・属   ショウガ科ショウガ属

【旬     7-8月(秋ミョウガは9~10月)

主な効果や効能

ミョウガ独特の涼やかな香りの元は、αビネンです。この香り成分には消化と血行促進、食欲増進などの効果があります。発汗と解毒作用があり、夏バテ防止にもおすすめです。

バジル(ハーブ)

科・属   シソ科メボウキ属

【旬     通年

主な効果や効能

イタリア料理に欠かせない世界中で愛されているハーブです。古代には「王様の薬草」と呼ばれたり、ヨーロッパでは求婚のシンボルとしてバジルを髪に挿してプロポーズをしたりするとか。
ビタミン、カルシウム、鉄、マグネシウム、カロテンなどのミネラルを多く含みます。

セイジ(ハーブ)

科・属   シソ科アキギリ属

【旬     通年

主な効果や効能

セイジの香りは、ヨモギに似た強い香りを持ちます。この香り成分はローズマリーと同じで、ボルネオ―ル&シオネールでリラックス効果があります。
豚肉料理と相性が良く、その他、ソーセージの臭み消しとしても利用されます。

ローズゼラニウム(ハーブ)

科・属   フクロウソウ科テンジクアオイ属

【開花期   3~7月

主な効果や効能

ゼラニウムはたくさんの種類がありますが、その中でも最も代表的な種類がローズゼラニウムです。葉っぱにも香りがありローズ(薔薇)の香りがします。別名をニオイゼラニウムとも呼ばれています。そして、華やかな香りは憂鬱な気持ちを和らげる効果があります。
ローズゼラニウムは淡いピンク色の可愛い花を咲かせます。花を紅茶に浮かべたり、クッキーの香り付けなどに使うことができます。

パクチー

科・属   セリ科コエンドロ属

     通年

主な栄養成分

パクチーはタイ語での呼び名で、コリアンダー、香菜(シャンツァイ)、コエンドロなどとも呼ばれています。最近では人気も知名度も上昇中の香味野菜で、
エスニック料理の人気者の野菜です。
パクチーの栄養価は、βカロチンとビタミンE、K、カルシウムが豊富です。
香りが強烈ですが、この強い香りにはイライラ抑制にも効果があります。

タイガーメロン

科・属   ウリ科キュウリ属

     通年

主な栄養成分

タイガーメロンはマクワウリの一種と西洋メロンの交配品種で、種苗会社が開発した野菜です。
熟したタイガ―メロンにはほんのりとメロンの甘い香りがあります。
タイガーメロンの栄養価は、一般的にカリウムやビタミンCを多く含んでいます。

 

赤唐辛子

科・属   ナス科トウガラシ属

     6~11月

主な栄養成分

赤唐辛子は、ナス科トウガラシ属の果実、それから作られる辛味香辛料です。
ペペロンチーノ、麻婆豆腐など辛さのある料理に辛味を加えるためのスパイスとして乾燥した状態で市販されている場合が多いです。
赤唐辛子の種類はとても多く、ハラペーニョ、ハバネロなどがあります。
唐辛子の栄養価は、カロチン、ビタミンC、Eが多く含まれています。
また、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは、脂肪を燃焼する効果あります。

 

金時草(キンジソウ)

科・属   キク科ギヌラ属

     6~11月

主な栄養成分

この野菜の一番の特徴は、片面は緑色、もう片面は紫色の葉色が魅力的なキク科の野菜です。
中国から伝えられた野菜で、熊本県の水前寺で栽培されていたため、『水前寺菜』や『水前寺草』とも呼ばれます。
金時草に含まれる栄養価は、βカロテンを多く含み、これは体内でビタミンAに変換され活性酵素の働きを抑えて生活習慣病予防や老化防止などに効果的です。
その他にビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄など栄養豊富な野菜です。
名前の由来は、葉の色が金時芋(キントキイモ)に似た美しい赤紫色であることから金時草とされたとも言われています。葉にはポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれており、目にお肌に良い野菜です。

金時草のその他の写真はこちら▽
http://veggydesign.jp/blog/post7753.html

 

ストロベリートマト(食用ホオズキ)

科・属   ナス科ホオズキ属

     6~7月

主な栄養成分

食用ホオズキはナス科ホオズキ属の多年草で実を食べる野菜です。実を包んでいる殻は手で簡単に破ることができ、中に丸い実が1個入っています。
食用ホオズキの栄養価はビタミンA、鉄分が多く含まれています。活性酵素の働きを抑えてガン予防や老化防止、毛髪や皮膚のうるおい、風邪や貧血予防などに効果があり女性におすすめの野菜です。

◎ストロベリートマト(食用ホオズキ)のその他の写真はこちら▽
http://veggydesign.jp/blog/post8049.html

 

モロッコインゲン

科・属   マメ科インゲン属

     6~9月

主な栄養成分

モロッコインゲンは、莢(サヤ)が細長く20~25㎝ぐらいある平莢インゲンの一種です。特長は、莢の形状は独特な扁平で幅広で、湾曲が少なく真っ直ぐ伸びています。
サヤインゲンの栄養価はカロチンやビタミンA、B、C、カルシウム、食物繊維などが多く含まれています。老化防止や疲労回復、むくみ解消の効果があり女性におすすめの野菜です。

◎モロッコインゲンのその他の写真はこちら▽ http://veggydesign.jp/blog/post8258.html