豆苗

科・属   マメ科

     周年(露地栽培は3~5月)

【野菜の紹介・主な栄養成分

豆苗は見た目はかいわれ大根に似ていますが、えんどう豆の若芽です。中国では高級中華食材とされていますが、70年代に日本に渡来した野菜です。それから90年代になって水耕栽培で生産され始めてから市場によく出回るようになりました。

豆苗はβカロテン、ビタミンC、食物繊維を豊富に含み栄養たっぷりの野菜です。

根の少し上をカットして、種を取り外し水洗いしてから調理します。また、豆苗はカットして残った根(豆から約2cm上をカット)を水に浸しておくと再収穫できます。直射日光の当たらない室内で水を替えるだけで、おいしくエコなキッチンガーデンを楽しめます。ぜひチャレンジしてみてください。

その他、豆苗を使った野菜ブーケを下記のサイトでご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。http://veggydesign.jp/blog/post11169.html

翡翠ナス

科・属   ナス科ナス属

     6~9月

【野菜の紹介・主な栄養成分

淡い黄緑色の翡翠ナスは、皮が固めなので漬物にはむいていません。煮込むとトロけやすくなることから、トロナスとも呼ばれています。
青ナスを縦に厚さ2cm(輪切りでも可)ぐらいにカットしてオイルをひいたフライパンで両面をしっかり焼いて、ナスステーキにしてお好みの味につけたり、みそ田楽もおすすめです。また、一般的なナスと同じようにみそ炒めやトマトソースで煮込み料理にしたり、とどんな調理法にも合います。

その他、ナスについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post8974.html

白ナス

科・属   ナス科ナス属

     6~9月

【野菜の紹介・主な栄養成分

白ナスは油と相性が良いイタリアのナスです。

その他、ナスについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post8974.html

フローレンスパープル

科・属   ナス科ナス属

     6~9月

【野菜の紹介・主な栄養成分

フローレンスパープルは一番美味しいと言われるナスです。

その他、ナスについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post8974.html

ブラックビューティー

科・属   ナス科ナス属

     6~9月

【野菜の紹介・主な栄養成分

ブラックビューティーはとても艶やかな肌をしています。

その他、ナスについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post8974.html

トンダビアンカ

科・属   ナス科ナス属

     6~9月

【野菜の紹介・主な栄養成分

トンダビアンカは丸くて大きなイタリアナスで、白色と淡いピンク色が美しいナスです。

その他、ナスについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post8974.html

にんにく

科・属   ユリ科

     5~7月

主な栄養成分

夏バテや風邪予防に欠かせないスタミナ食材と言えばにんにくを思い浮かべますが、にんにくの独特の香り成分アリシンが疲労回復や風邪予防に効果があり、その他、抗菌・抗酸化作用も高く、抗ガン効果にもあると言われています。
主な栄養成分は、カリウム、ビタミンB1、B6です。

薬味や調味料に使う場合はすりおろし、炒め物や煮物にはみじん切りや薄切り、パスタの味付けやソースに使う場合は縦半分に切り包丁で強く押し潰して使うなどと、調理に応じて下処理を変えると良いです。
また、余ったニンニクは薄皮を剥いて醤油漬けにすると長期保存が可能で、また、細かく刻んでオリーブオイルにつけておくのもおすすめです。

その他、にんにくについて下記のサイトでもご紹介しています。下記のURLをクリックしてご覧ください。
http://veggydesign.jp/blog/post10243.html

伏見甘長とうがらし

【科・属】   ナス科トウガラシ属

【旬】     6月上旬~10月下旬

【主な栄養成分】

伏見甘長とうがらしは、江戸時代から京都で栽培されていたと言われ、辛味のない大型のとうがらしです。色は全体にツヤのある鮮やかな緑色で、長さは10~15㎝ぐらいでスラリと細長く、その姿から「ひもとう」とも呼ばれています。
シシトウと同じように中の種ごと食べることができます。
この甘とうがらしはビタミンCを多く含み、風邪予防や疲労回復にお勧めの野菜です。
食べ方の一つに、ジャコと伏見甘長を炒め煮にした、炊いたんは美味しい1品です。それ以外に焼いたり(グリル)、揚げたり(天ぷら)、煮たり、炒めたりといろいろな調理法にあいます。

坊ちゃんカボチャ

【科・属】   ウリ科カボチャ属

【旬】     7月下旬~10月

【主な栄養成分】

手のひらに収まるぐらいの大きさで、果重は500g前後と小さいサイズのミニカボチャです。
カボチャはウリ科の1年草で世界中に約20種類ほどあると言われています。
このカボチャは一般的なカボチャに比べてたんぱく質、βカロチン、糖質など栄養価が多く含まれ、また、普通のカボチャよりもホクホクとした食感で甘みがあります。ラップに包んで電子レンジで7~10分ほど加熱してから、中をくり抜いて器にしてパンプキンポタージュやグラタンにしても美味しく食べられます。